プレスリリース


報道関係者各位
2005年2月23日

オーリック・システムズ株式会社

Web ビジネスを経営視点で解析できるWeb解析ソフトの最新版を発売

経営者向けダッシュボード、サイト離脱者の行動分析機能などを追加
リアルタイムアクセス解析「RTmetrics V 5.0.0」と
アプリケーション別性能監視「RTbandwidth V 5.0.0」

オーリック・システムズ株式会社(資本金6,000万円、東京都新宿区、代表取締役社長 黒崎 守峰、以下 オーリック)は、パケットキャプチャ型Web解析ソフトウェア「RTシリーズ」の最新版として、大規模Webアクセスをリアルタイムに解析する「RTmetrics V 5.0.0」(RTメトリックス)および、アプリケーション毎にサービスレベルを監視する「RTbandwidth V 5.0.0」(RTバンドワイズ)を発表し、2005年2月23日より販売・出荷いたします。

今回の最新版では、経営者や管理者がWeb解析結果を理解できるよう、視覚的にわかりやすく表示する機能を追加しました。また、「RTmetrics V 5.0.0」では、ROI(費用対効果)の視点で解析する機能を強化しており、Webサイト訪問者の流入元やサイト内の行動を詳細に追跡したり、途中で離脱した訪問者の情報も詳細に解析できます

また、オーリックは、最新版の発表に合わせて、従来の販売パートナーに加えて、新しく「テクニカルパートナー制度」を新設しました。これは、「RTシリーズ」の表示機能をカスタマイズして既存の基幹システムやEIP(企業ポータル)システムに表示するなど、顧客ニーズに対応することで拡販を促進することを目的としています。オーリックでは、2005年度中に国内新規ユーザ100社への導入を目指します。

■「RTシリーズ」の主な新機能

【1】カスタマイズが可能な「Exective View 機能」
 RTシリーズは、マーケティング担当者がキャンペーンや広告の効果測定をビジネス視点で詳細に行える機能を搭載しています。これに加えて、最新版では、経営者や管理者が、Webビジネスの最新状況や顧客傾向などの重要な指標を一目で理解できるダッシュボードとして視覚的に表示する「Exective View機能」を追加しました。
 また、本機能は、標準的なテンプレートの他、顧客ごとにカスタマイズ可能にするためのAPI(RT-API)により、表示フォーマットを変更したり、既存の基幹システムやEIPシステムにWeb解析結果を表示するなど、顧客のビジネスに応じて、必要な情報を最適な方法でリアルタイムに閲覧することが可能になります。

【2】離脱者解析機能を追加(RTmetrics V 5.0.0)
 Webキャンペーン中に、訪問者の数や動線を流入元(どこから訪れ、どのページから入ったか)別に解析する「ROI解析機能」と、訪問者がWebサイト内でどのように移動したかの経路を解析する「パス解析機能」を強化し、途中で離脱した訪問者(サイトに訪れたが、購入に至る最終ページまで行かなかった訪問者など)の情報も定量的に解析してレポートできるようになりました。
 これにより、オンラインショップの売上やマーケティング活動に、外部の広告バナーやキャンペーンメール、検索エンジンや検索用語などの何がどれだけ貢献したかを的確に把握して、プロモーション投資の効果を評価可能となり、訪問者が「どのページで、なぜ商品を買わずに出て行ってしまうか」などの原因を分析することが可能となります。
 また、これらの結果は、新しく追加されたExective View機能により、訪問者の経路をアクセス数の多い順に線種や色を変えてビジュアルに表示するなどが可能となります。

■新設の「テクニカルパートナー制度」について

テクニカルパートナーは、「RT-API」を利用して、Exective View機能のカスタマイズをはじめ、顧客企業の経営方針に合わせた解析結果閲覧の開発や、既存の基幹システムやEIPシステムと連動したソリューションを開発する技術パートナーです。
オーリックでは、2005年度中に、既存の販売パートナーに加えて、テクニカルパートナーを含む新規パートナー5社を追加する予定です。

以上


■オーリック・システムズについて

データセンターの上流ネットワークでも利用が可能なパケットキャプチャ型リアルタイムアクセス解析ソフトウェア【RTmetrics】、性能監視、エラー監視の「RTbandwidth」など、ソフトウェアの開発、販売および関連サービスを提供しています。
RTシリーズは、PC、モバイルを問わず、Webサイト、業務システムなど大手企業を中心に日本において200社以上にご導入いただいており、データセンターでのホスティングユーザを含めると導入実績は数千ユーザに及びます。
本社(1996年設立)は、カリフォルニア州パサデナ。米国においても、様々な業種、業態のユーザがRTの解析データを企業のWebビジネス、マーケティング活動、システム開発、システム運用の向上のために活用しています。

◆RTmetricの特長

RTmetricsは、パケットキャプチャ型の革新的な最新アーキテクチャにより、従来のログ解析方のWeb解析における様々な課題を解決した、高度なリアルタイムWebアプリケーションです。RTmetricsは、従来のログ解析では困難な「リアルタイム解析」「複数サイト間のパス解析」そして「ポストデータ解析」など、より詳細かつ正確なアクセス情報の収集/解析を簡単な操作で行うことができます。
・リアルタイムなWebサイトの解析 (ビジネスレベル&タイム解析)
・容易な導入、低コスト・安全な運用 (人的コスト、システムリソースコスト)
・大規模アクセスWebサイトの解析
・マーケティング部門でのWeb解析運用 (ビジネスレベル解析)
・詳細なアクセスデータによる解析 (ビジネスレベル解析)

◆RTbandwidthの特長

RTbandwidthは、従来のWeb解析ツールでは困難であった個別アプリケーション毎の応答性能や品質監視を効率的に、簡単な操作で行うことができる監視アプリケーションです。サイト訪問者へのサービスレベルを向上させるためにアプリケーション毎の監視ニーズが急増しており、従来は手作業で行っていた作業をRTbandwidthで自動化することで、資源や人手などのコストを大幅に削減できます。
・URL毎の応答時間性能の監視&レポート機能
・URL毎の稼働状況や品質(エラー内容)の監視&レポート機能
・URL毎のネットワーク帯域利用状況の監視&レポート機能

記載された会社および製品名などは、該当する各社の商標または登録商標です。
プレスリリースに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
発表後予告なしに変更されることがございますのであらかじめご了承ください。


本件に関するお問い合わせ先

オーリック・システムズ株式会社

広報

TEL:03-3560-8083
FAX:03-3560-8093
E-mail:press@auriq.co.jp