プレスリリース


報道関係者各位
2006年12月5日

オーリック・システムズ株式会社

PCサイトから携帯サイトまで全てのWebサイトを解析できる
Web解析ソフトRTシリーズの最新版を発売

ビジュアル面を強化、タグ型アクセス解析のための設定機能などを追加
リアルタイムアクセス解析「RTmetrics V 6.0.0」と
アプリケーション別性能監視「RTbandwidth V 6.0.0」

オーリック・システムズ株式会社(資本金6,000万円、東京都港区、代表取締役社長 幾留 浩一郎、以下 オーリック)は、パケットキャプチャ型Web解析ソフトウェア「RTシリーズ」の最新版として、大規模Webアクセスをリアルタイムに解析する「RTmetrics V6.0.0」(RTメトリックス)および、アプリケーション毎にサービスレベルを監視する「RTbandwidth V6.0.0」(RTバンドワイズ)を発表し、2006年10月1日より販売・出荷開始いたしました。また、前バージョンより搭載されたビジュアルインターフェース(Exective View)の最新版「Exective View V3.2.0」を、2006年11月1日に販売・出荷開始いたしました。

前バージョンより搭載されたビジュアルインターフェース(Exective View)を、Flashを使用して一新することで、各種アクセス解析結果をより視覚的にわかりやすく多くの環境で表示できるようになるとともに、機能追加を行なっております。タグ型アクセス解析を「RTmetrics」を用いて行なうためにマッピング設定機能が強化されました。これにより、今まで「RTmetrics / RTbandwidth」 を設置できなかった環境でもタグ型アクセス解析によりRTmetricsでアクセス解析を行なえるようになり。これによりより多くのお客様の環境でRTmetricsをお使いいただくことが出来るようになりました。

なお、今回の「RTmetrics V6.0.0」と「RTbandwidth V6.0.0」のリリースとあわせまして「LDB V2.0.0」(エルディービー)を販売・出荷開始いたしました。RTmetricsから得られるWebアクセスログをはじめとした大規模なログを、高速に処理することを目的としたデータベースとなり、「RTmetrics V6.0.0」単体で対応し切れないさらなるカスタマイズ開発が可能とします。

■「RTシリーズ」の主な新機能

【1】「Executive View機能の強化」
Flashを使用することでグラフ・レポート表示などビジュアル面が強化されました。各種レポートのグラフが円グラフ・棒グラフ・折れ線グラフから任意に選択することが出来るようになりました。ページ上の各リンクの利用頻度を視覚的に表すホットスポット機能、指定したレポートのみを1画面で表示するカスタムレポート機能、ユーザのページ遷移の割合を示す動線解析機能のビジュアル強化などのレポートが追加・更新されています。また、「Exective View」上から詳細ボタンをクリックすることで、該当する通常のレポート画面へ移ることが出来るようになるなど、通常のレポート画面との連携も強化されています。

【2】タグ型アクセス解析のための機能強化
一般のタグ型アクセス解析はJavascriptタグや透明GIFなどより外部ASPサーバへ情報を送信しASPサーバ上レポートを見る形が取られますが、ASPの部分をRTmetricsに置き換える形で解析を行なうことができるようになりました。 これによりJavascriptタグや透明GIFなどを工夫することで柔軟なタグ解析や、タグとパケットの組み合わせなどでの解析が可能となります。

【3】ページ毎の直帰・セッション数のレポート
PVレポートの詳細にページ毎のセッション数、直帰数が記録されるようになりました。これにより、ページ毎の訪問者数や、そのページを見ただけでサイトから離脱した訪問者数を簡単に見ることが出来ます。

以上


■オーリック・システムズについて

http://www.auriq.co.jp/
オーリック・システムズ株式会社は、2002年4月に設立し、大規模Webシステムに対応可能なパケットキャプチャ型のリアルタイムアクセス解析ソフトウェア「RTmetrics」ほか、「RTシリーズ」の販売およびサービスを提供しています。
RTシリーズは、イオンビスティー、エヌ・ティ・ティ エムイー、エプソン販売、オリコン、KDDI、サイバード、JALUX、ソフトバンクBB、東急百貨店、東京電力、トイザらス・ドット・コム ジャパン、ドワンゴ、日本航空、ヤマハなど、モバイルを含むEビジネス、社内業務システムなど、国内100社以上のWebシステムで活用されており、iDC(データセンター)ユーザを含めると、ユーザ数は2,000社以上に及びます。
本社(1996年設立)は米カリフォルニア州パサデナにあり、多くの大規模ユーザがRTシリーズを導入しています。

◆RTmetricsの特長

RTmetricsは、パケットキャプチャ型の革新的な最新アーキテクチャにより、従来のログ解析型のWeb解析における様々な課題を解決した、高度なリアルタイムWeb解析アプリケーションです。RTmetricsは、従来のログ解析では困難な「リアルタイム解析」「複数サイト間のパス解析」そして「POSTデータ解析」など、より詳細かつ正確なアクセス情報の収集/解析を簡単な操作で行うことができます。 ・リアルタイムなWebサイトの解析 (ビジネスレベル&タイム解析)
・容易な導入、低コスト・安全な運用 (人的コスト、システムリソースコスト)
・大規模アクセスWebサイトの解析
・マーケティング部門でのWeb解析運用 (ビジネスレベル解析)
・詳細なアクセスデータによる解析 (ビジネスレベル解析)

◆RTbandwidthの特長

RTbandwidthは、従来のWeb解析ツールでは困難であった個別アプリケーション毎の応答性能や品質監視を効率的に、簡単な操作で行うことができる監視アプリケーションです。サイト訪問者へのサービスレベルを向上させるためにアプリケーション毎の監視ニーズが急増しており、従来は手作業で行っていた作業をRTbandwidthで自動化することで、資源や人手などのコストを大幅に削減できます。
・URL毎の応答時間性能の監視&レポート機能
・URL毎の稼動状況や品質(エラー内容)の監視&レポート機能
・URL毎のネットワーク帯域利用状況の監視&レポート機能

記載された会社および製品名などは、該当する各社の商標または登録商標です。
プレスリリースに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
発表後予告なしに変更されることがございますのであらかじめご了承ください。


本件に関するお問い合わせ先

オーリック・システムズ株式会社

広報

TEL:03-3560-8083
FAX:03-3560-8093
E-mail:press@auriq.co.jp