活用方法USE METHOD

ネットワーク・トラフィックの監視、帯域監視や応答性能監視などにおけるお悩み問題点を解決する、活用法をご紹介します。

 

システムの稼働状況や応答性能を把握し、サイトに訪れたユーザーの全アクセスについて「システムはどんなレスポンスで対応できたか」をリアルタイムにトラフィックの解析が可能です。

 

活用方法一覧

イントラネット・社内業務Webシステムでの問題

イントラネット・社内業務Webシステムでの問題

  • ユーザビリティに関する定常的な分析はされていても、定量的な性能分析・評価が十分に行えない。
  • ハードウェアのパフォーマンス監視が中心となり、ユーザー視点での性能監視と検証手法の確立がコストもかかってしまうため、行うことができない。
  • エージェントを仕込むことはサービスへのリスクが高く、仮想環境での分析では現状の問題の解決に必ずしも繋がらない。
  • ユーザー環境のみのボトルネック調査、インフラ、ネットワークのみのボトルネック調査、アプリケーションのボトルネック調査と、観測対象を”ドメイン”→”URL”(アプリケーション)→”URL+引数”(アプリケーションの個別機能)とドリルダウンしながら、チューニングポイントを特定することが困難

 

関連する導入事例

大手製造業A社様

Webベースの社内業務範囲は拡大傾向にある一方、社内ユーザーからのレスポンスに関するクレームに対して、原因の究明が困難であった

肥大化する社内イントラネットの帯域監視で、サービスレベルの向上にご活用

エプソン販売株式会社様

問題発生に対する原因解明と迅速な対応で、サイトのボトルネック、アクセスの異常に対してすばやい対応が可能に!

ユーザの動向を詳細に掴み、迅速にコンテンツを変更。ニーズに合致した携帯Webサイトで競争力さらにUP!

 

お問合せ&資料請求 お問合せ&資料請求

 

▲上へ戻る
CLOSE
CLOSE