RTmetricsABOUT

Webマーケティングの悩みはWebアクセス解析ツール「RTmetrics」で解決

 

PCサイトはもちろん、全キャリアのモバイルサイトやスマートフォン、月間数億PVの大規模サイトでも、Webサーバーが分散していても、アクセス解析ツールRTmetricsは様々な状況に柔軟に対応することができます。

 

RTmericsの特徴

 

ツールの導入に手間がかかりません!

ツールの導入に手間がかかりません!

貴社環境にRTmetricsサーバーを導入していただく事で、即時解析が開始できます。 米国で特許を取得したパケットキャプチャ型、パケット上を流れる情報を取得することで、Webサーバーに負荷をかけず、アクセスが集中しても心配ありません。タグ型製品と比較しても、タグの埋め込みが不要なので、Webページの変更が必要ありません。
パケットキャプチャだけでなく、タグ型、ログ型にも対応可能です。ログ型の詳細は以下をご覧下さい。

 

 

大規模サイトのアクセス解析に最適

大規模サイトのアクセス解析に最適

パケットキャプチャ型なのでWebサーバーへの負担が少なく、ログデータが膨大なサイトでもリアルタイム解析が可能なことから、特にトラフィックが多い大規模サイトを中心に導入されています。

Webサーバーが分散していても一元的に、PV・参照元サイト・検索エンジン・検索キーワード各ページの滞留時間など多彩なWeb解析項目をリアルタイムにレポートします。

 

 

 

PC・モバイル・スマートフォン全てをRTmetricsで一元的に管理できます!

PC・モバイル・スマートフォン全てをRTmetricsで一元的に管理できます!

PC・携帯・スマートフォンなどのユーザーの端末を選ばず、同一の指標で解析が可能なので、戦略立案はもとより来訪者の価値を一元的に計測可能です。

またモバイル端末を利用して訪問したユーザーの情報を、全てのキャリアでPC同様にリアルタイムで解析し、スマートフォンからのアクセスを機種名・OS種類/バージョンで表示することも可能です。

 

 

 

長期的な運用で高いコストパフォーマンスを発揮

長期的な運用で高いコストパフォーマンスを発揮

従来の従量課金システムと違い、RTmetricsを導入後はPVに応じて毎月の支払いが変動することはないので、アクセス数が急増しても心配いりません。

導入時はサーバーの購入などで初期費用が掛かりますが、運用費は低コストなため長期的な視野の場合にコストを削減することが可能です。
具体的なコストに関しては、こちらからお問い合わせ下さい。

 

 

 

ユーザー一人一人の動線解析が可能

訪問者一人一人の動線解析が可能

RTmetricsのオプションモジュール「Advanced Analytic Module」(RTmetrics AM)を導入していただくことで、特定の検索キーワードから流入したユーザーの動線や、新規・再訪問ユーザーごとの分析等が可能となります。
ユーザーの一人に注目して、流入から離脱までの動線を追うことや、ユーザー全体の傾向を分析できます。

 

 

解析の仕組み・RTmetricsで出来ること

RTmetricsは、ネットワークに流れるパケット情報を取得するパケットキャプチャ型アーキテクチャにより、従来型のログ解析では困難なリアルタイム解析、複数サイト間の行動解析やURLに表示されないPOSTデータ解析などを簡単な操作で行えます。
RTmetricsの詳しい機能や活用法などは下記よりご覧下さい。

 

 

お問合せ&資料請求 お問合せ&資料請求

 

▲上へ戻る