お知らせ&リリース

NEWS&RELEASE

更新2020.03.30

RTmetrics v9.2.0をリリース

1.クローラー判定にユーザーエージェント文字列の文字数で判定する機能を追加

近年、クローラーのもつユーザーエージェントの文字列はますます複雑化しています。機械的に生成されることがほとんどであるケースとして、ユーザーエージェントの文字列が空の場合に加えて、RTmetricsでは、以下のような短いランダムな文字列のユーザーエージェントをクローラーとして判定できるようになりました。

  • xihMX
  • zJn5i
  • bBdyRg
  • YJt3v
  • eVCwy

  • 2.クローラー判定にブラウザ・デバイス判定のロジックを組入れ、部分一致による判定が可能に

    ランダムに生成されたユーザエージェントの長い文字列の全てを見て判定せず、部分一致による判定を可能にすることで、判定速度およびデータ処理のパフォーマンスが向上しました。

    • Mozilla/5.0 CommonCrawler Node、など

    3.ブラウザ・OS・デバイスタイプ・デバイスネームにマッピングのルールを適用し、見やすく加工ができるようになりました

    カテゴリでまとめる、カテゴリの粒度を変えるなど、分析者が意図するセグメント作成が容易になりました。

     

 

お問合せ&資料請求 お問合せ&資料請求

 

▲上へ戻る