EC KPI Monitor
テンプレート

売上向上に必須なKPIの把握と適時的確な
業務判断をサポート

EC KPI Monitorは、マーケティングインテリジェンス製品「BIQQ」のECビジネス用ダッシュボードです。売上・商品・顧客の各カテゴリの重要指標を分かりやすくモニタリングします。

EC KPI Monitorは、個客を基点にあらゆるデータをBIQQに統合し、リアルタイムに最適化することでROIを最大化し、ECビジネスを成功に導く、マーケティングインテリジェンス・ダッシュボードです。Webアクセス解析データは、結果に至る行動が詳しく分析できますが、誰が何をどれだけ、いくら購入したのか、「結果」が正確に分かりません。一方で売上や商品のデータだけでは、誰が何をどれだけ、いくら購入したのか、「結果」は分かりますが、結果に至る過程やプロセスが分からないといったジレンマがあります。
EC KPI Monitorは、その両者のデータを合わせることで、多角的な現状把握と目標達成に向けた施策立案への活用を可能にしました。ECビジネスを構成する「売上」、「商品」、「顧客」のカテゴリでレポートを分類、KGI/KPIの最新の状況をモニタリング、売上の俯瞰というマクロの視点と各商品の併売分析・カテゴリ分析、購入した顧客の行動分析・会員ランク推移の分析といったミクロの視点の両面からデータを分析し、売上目標の達成を強力に支援します。

  • ・ 部門の予算達成率や前年対比を、
    売上とWebアクセス情報を比較して
    課題と要因を検討
  • ・ 商品の売れ筋とWebアクセス情報を精査して、購買につながる集客チャネルの見極め
  • ・ 顧客情報とWebアクセス情報と合わせて、
    購買以外の顧客行動も含めたセグメントや施策を検討

EC KPI Monitorの特徴

1. 売上・商品・顧客、ECビジネスの
分析指標を網羅

ECビジネスを構成する「売上」、「商品」、「顧客」のカテゴリでレポートを分類しており、KGI/KPIの最新の状況をモニタリングできます。各カテゴリのレポートはエグゼクティブサマリのトップ画面から、部門・サイト・集客チャネル・地域・商品カテゴリ・顧客デモグラフィックなど、Webサイトや集客施策、商品、顧客など、異なるデータを用いた多角的な視点でディメンションを指定し、データの絞り込みや結果の比較ができるようになっています。

2. 顧客理解を促進するサイトログの活用

各カテゴリには、連携されているWebアクセス解析のデータで作成したサイト・集客チャネルのディメンションを実装しており、売上分析や商品分析の結果をサイト・集客チャネルの各セグメントで簡単に分類できます。顧客は、RFM+WR・WFでランク分けされており、実際の購入は一年以上ない(R1)が、Webサイトには月に1回以上来訪している(WF3)、「休眠ユーザ」(他社に取られたと思われるが、完全に離反はしていない)などのセグメントで顧客リストを抽出し、施策やコミュニケーションの実行に活用することができます。

3. 全社でKPIを共有できるダッシュボード機能

売上・商品・顧客の各カテゴリのレポートは、全社的に目標の進捗率を確認したい、部署内で各KPIの状況確認を行いたいなど、さまざまな利用目的に対応しています。各ダッシュボードは用途に合わせてデータを抽出し、経営者向け・部門長向け・商材担当者向け・プロモーション担当者向け・CRM担当者向けなど、必要な情報に絞り込んで公開することができます。自身が関わっている業務の現状把握や目標に対する達成率を常に最新のデータで確認し、次のアクションや施策検討に活用できます。

4. 大規模データの分析でも、快適な利用環境

EC KPI Monitorは、インメモリデータベースのBIQQで利用できるECビジネス向けのダッシュボードです。データ処理はメモリ上で行われるアーキテクチャのため、非常に軽い操作感が特長です。BIQQは、クリックテック社の「QlikView」のOEM製品になっており、特許取得の連想技術など、データ処理を軽くするためのさまざまなテクノロジーが使われています。月間PV数が億を超えるサイトや100万人超の会員を抱えるECサイトでの導入実績があります。

EC KPI Monitorで
変わる3つの視点

1. 売上分析

売上の推移、目標達成率や構成比率をモニタリングします。部門ごとの成績など変化する状況を素早く認知して、対処すべき課題を洗い出します。先行指標としてサイトのPVを併せて分析することで、対策の視点が広がります。また、各項目ごとに深堀りした売上を分析することで、問題の発生箇所をつかむのに役立ちます。
  • 集客チャネル別・地域別・ショップ別など、チャネルごとの絞込み
  • カテゴリ大中小から単品まで、商品ごとの絞込み
  • 性別・年代・新規/既存など、顧客属性ごとの絞込み

2. 商品分析

商品の売れ筋をページアクセスデータと統合して、大中小のカテゴリ別に把握したり、売上推移をモニタリングして、商品計画との差異や、プロモーション・顧客ターゲティングの精度を検証します。商品ごとカテゴリごとの売上を複数の切り口で可視化し、単品レベルまで深堀りできます。
  • 集客チャネル構成比
  • ショップ構成比
  • 性別構成比
  • 年代構成比
商品の売れ方(いつ、どんな人が、どんなチャネルから、何と一緒に、何個)のヒントを見つけ出します。

3. 顧客分析

一般的なRFM分析(R:最新購入日、F:購入回数、M:累積購入金額)にAURIQ独自のWR(サイトへの最新来訪)、WF(サイトへの訪問頻度)の指標を付加、オンライン・オフラインを跨いだ行動を加味した正確な顧客プロファイルを明らかにする分析機能です。
BIQQに連携されているWebアクセス解析のデータ(サイト・集客チャネルなど)や顧客データベース内のデモグラフィック情報(性別・年齢・居住地・年収など)を使用したセグメント作成機能も標準搭載、指定した条件に該当する顧客リストを抽出し、販促や施策、コミュニケーションの実行にすぐに活用することができます。

今日からはじめてみませんか?

AURIQの製品・ソリューションの
資料をお配りしています。
お電話でも承ります。お気軽にご相談ください。