スターターテンプレート

WebサイトのKPIや顧客分析、
アトリビューション分析をパッケージ

BIQQは、マーケティングに必要な施策評価、効果測定、仮説検証などの分析テンプレートを豊富に用意しています。これらのテンプレートはお客様の業務に合わせてカスタマイズすることが可能です。

Webサイト分析

代表的なWebアクセス解析指標(PV・SS・UU・CV・検索キーワード・流入元・LP・デバイス等)の推移を粒度を変えて(年別、半期別、四半期別、月別、週別、日別)ひと目で分析できるダッシュボードです。リピーター分析や動線分析の他、コンバージョン分析では、キャンペーンやメルマガ別に獲得したCVの比較、アトリビューション分析では、獲得したCVのへの貢献度をスコアで確認することができます。

顧客分析(One to One マーケティング)

RFM分析(最新購買日、累計購買回数、累計購買金額)にWebのアクセスデータを付加し、
顧客の嗜好にあわせたきめ細やかな
プロモーションが可能
従来からあるRFM分析手法(Recency, Frequency, Monetary)に、Webアクセス解析データを連携し、WR(Web Recency)、WF(Web Frequency)のAURIQの独自指標を追加、購買前後の顧客の興味関心の移り変わり、ロイヤルカスタマーへの転換や離反の予兆、などをきめ細かく適時に把握し、多角的に分析できるダッシュボードです。
各RFM+WR・WFは各ランクを定義することができ、各ランクの組み合わせで対象となる顧客リストを簡単に抽出できます。例えば、累積購入金額が10万円以上(M5)、でかつ、半年以上サイト来訪がない(WR2)、といった条件で離反されては困る顧客セグメントを画面上の操作で作成することが可能です。

顧客分析
(Online to Offline マーケティング)

アクセスデータをもとに顧客の嗜好を分析し、店舗へ誘導
WRFM分析の各ダッシュボードは、実店舗の売上データを連携することもできます。ECサイトと実店舗の両方で商品を取扱っている場合、会員IDは統合されているがECと実店舗でシステムは分断されているなどのケースもまだ多く見受けられます。Webサイト上での商品閲覧行動と実店舗での購買行動のデータが顧客単位で紐付けられていることは、あらゆる意味で有用です。
会員毎のWebサイト上での行動を踏まえた顧客セグメントを作成し、サイトの閲覧行動や興味関心に合わせて、店舗でのイベントやキャンペーン、クーポンの配布など、店舗誘導のプロモーションを実施、各セグメントに合った丁寧な販促やコミュニケーションによりLTV向上に役立てることができます。

広告分析(アトリビューション分析)

ユーザーが広告に接触した時点から
コンバージョンまで一貫して効果を測定
BIQQの広告分析は、Webアクセス解析データと広告のクリックデータを組み合わせて、成果ポイント(CV)に対する各広告の貢献度を分析するレポートです。アトリビューションのロジックは、訪問ベースの初回配分・最終配分・均等配分・接点配分・減衰配分、とイベントベースの同じロジックを標準で実装しています。見込客が商品を比較・検討するフェーズにおいて、どの広告がどの段階の集客に強みを発揮しているのか、各ロジックを比較することで明らかにすることができます。

オムニチャンネル分析

オフライン、オンラインの顧客行動分析にそった、効果的なプロモーションの実施が可能
オンラインとオフラインを跨いだ顧客の行動はどこまで可視化し、それぞれのタッチポイントでの情報提供やコミュニケーションのCVへの貢献度を分析できるものなのでしょうか?BIQQのオムニチャネル分析は、オンライン・オフラインを跨いだ顧客の行動を大まかに可視化し、どのタッチポイントでどの順番で情報に触れた人が全体でどの程度いて、そのうち、何割がCVに至ったかを分かりやすく可視化することができます。例えば、SNSとメルマガで情報に触れ、クーポン利用履歴がある人が何%CVしているか、などを分析できます。情報接触が不足しているユーザにどのタッチポイントでコミュニケーションをとるか、戦略の検討に活用できます。

会員分析

効果的なプロモーション、
離反客の発見が可能
会員データベース内のデモグラフィック情報(性別・年齢・居住地・年収など)と会員継続期間およびWebサイト上でのAURIQ独自のアクティビティの指標(WR:Web Recency, WF:Web Frequency)などのデータを用い、会員の状態の変化を把握するダッシュボードです。どのセグメントに属する会員がアクティブでどのセグメントの会員が非アクティブなのか、それぞれの会員は3か月前、半年前、どの会員ランクに所属していたか(一般・休眠・準優良・優良)、ランクは上がったのか下がったのか、離反やロイヤルカスタマーの予備軍のセグメントに属する顧客リストを抽出し、離反防止や顧客育成の施策やコミュニケーションに活用できる便利なレポートです。

ROI/ROAS分析

各広告を獲得した売上金額で評価するダッシュボードです。広告の費用対効果(ROI)、広告予算に対する顧客獲得単価(CPA)等の広告予算の費用対効果の側面と各広告がいくらの売上獲得に貢献したのか(ROAS)、という両面から広告を比較し、評価することができます。そのうち更に新規顧客への売上はいくらだったのか、などの要素を追加することで、より有益なデータを提供します。アトリビューション分析など、BIQQの他の広告レポートと組み合わせて、各広告の貢献度を総合的に評価することで、例えば、アトリビューション分析で初回接触が多く、売上金額が高く、かつ新規顧客の割合が高い広告があった場合、新規顧客の開拓に強いと評価することができます。

今日からはじめてみませんか?

AURIQの製品・ソリューションの
資料をお配りしています。
お電話でも承ります。お気軽にご相談ください。